« わたしも踊りたくなるダンス。 | トップページ | SHINeeのワールドツアー! »

2016.11.23

11月の初雪予報。

秋から冬へ移りゆく季節が好きすぎてたまらない。

もし明日の初雪が実現したら、
私にとって、今までの人生の中で一番好きな天気になる。

11月の雪。
予報が当たれば、54年ぶりだとか。

私にとっては、人生初の出来事となる。


積雪により、被害を被る人々もいるだろう。
また雪か・・・と嘆く人々もいるだろう。
雪を目にすることで、過去を思い出し悲しむ人もいるだろう。
雪がとにかく嫌いな人もいるだろう。

私はどきどきしている。
待ちこがれている。

子どもの頃は、ここでももっと雪が降っていた。

1月2月の試験シーズンに、雪が腰まで降り積もり、
まだ薄暗い4時ぐらいから雪をかき分け最寄りの駅まで歩いて向かったこともある。

まち全体は大混乱だったのかも知れないが、
怒りも焦りも感じなかった。

自然現象は受け入れる。
できる限りの手は打つが、それでも無理なら、受け入れる。

私の周りの人々は、
大抵、どんな状況でも焦らなかった。
「笑い飛ばす」とまではいかないが、
「そんなもんだな。」といったん受け止め、対応する。

そんな大人たちがたくさんいた。
文句を言うのではなく、自分で考え得る限りの策を練り、
根気よく手を打ち続ける。
それでも状況が許さなければ、あきらめる。

自然現象に対してはそうやって応じてきた大人たち。

今は、便利になった反動のためか、
ちょっとした不便にも敏感に反応する大人の姿がある。

・・・

私は、どうかな。

私は、どきどきしている。
54年ぶりの11月の雪。
人生初の11月の雪。


しかも、その日は誕生日。
地球を取り巻く様々な自然現象が織りなす最高の贈り物。

あぁ、やっぱりわくわくする!

明日の出勤の頃、雪が積もっていたら、
坂道を転がり、滑りながら駅まで行く姿を思い描いている。
そして、職場にたどり着いたら、

「皆さん、おはよう!」

と、
雪の中、わくわくどきどきしながら登校してきた子どもたちに
声をかけている自分の姿を思い描いている。

さて、ちょっと出かけてこよう。

「明日、雪かなぁ。」などと、
宇宙を眺めてわくわくしながら。


|

« わたしも踊りたくなるダンス。 | トップページ | SHINeeのワールドツアー! »