« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016.10.31

秋の夜長のハーモニー堪能。

好きも嫌いも意識できないまま
ピアノや声楽等に励んできた幼少期。

小学校に入るとハーモニカやら木琴やらを
教室でお行儀よく演奏した。

3年生に上がったとき、
不思議な楽器に出合った。

ソプラノリコーダーだ。

軽くて、細くて、
まるでリカちゃん人形みたいなボディ。      

3年生の子どもにとっては、
何とも色気がある楽器だった。

それ以来、リコーダーの虜になってしまっている。

音楽はいつも身近にあって、自分にとっては空気のような存在だ。

クラッシックも、ポップスも、ロックも、プログレも、民族音楽も、ジャズも、民謡も、
童謡も、へヴィメタも、演歌も、何もかも、分類はどうでもよくて、
好きとか、苦手とか、不思議とか、心地よいとか、よく分からないとか、嫌いとか、
そんな感覚的なことしか意識に上らない。

でも、ふと思うのは、
どんな音楽を聴いても、本を読んでいても、人と語り合っていても
いつも胸に響くのは、「本質的なもの」なのだ。

大げさなものや飾りっ気とかお世辞とか仰々しい言葉とかは
するっと通り過ぎてゆき、
そぎ落としても、振り捨ててもそれでもなお残るもの・・・。
それが胸に届く。

リコーダーの澄んだ響きは、それに近い。

嘘をつけないというか。
演奏者の本性が丸ごと出てしまうというか。


栗コーダーカルテットとハミングバードの演奏を聴きに行った。

プロのリコーダー奏者からしたら、
技能的には「すごくうまい!」という感じはしないのかも知れないが、
暖かくて、楽しくて、美しいハーモニーがとても好きだ。
そして、おもしろい。

いろいろな人とコラボしている栗コーダーカルテット。

こんなに楽しそうに音楽を演奏し続けている姿を見て、
「やっぱり大人っていいな」と思う。

これからもずっと聴いていきたい。
子どもに聴かせたい大人のいかした音楽。



     ↑ 大好きだった4人編成の頃の栗コーダーカルテット
         また、いつか、ぜひ近藤さんも一緒に・・・。

|

2016.10.30

やみつきの一品から感じる幸せ。

食べ物の好き嫌いはほとんどないが、
特に好きな食べ物を思い起こしてみると、
好きな食べ物にある程度の傾向があることが分かる。

チーズ、キムチ、納豆、アンチョビ、スモークサーモン、
生ハム、ギリシャヨーグルト・・・。

どうも発酵ものや燻製ものが好みのようだ。

だが、くさやだけは、なぜか未だに食べられない。
きっと好きな味だろうな、とは思うが、においに負けてしまうのだ。
私の好きな発酵食品(たとえばブルーチーズ)も、かなりのにおいを醸すが、
くさやのにおいには、それ以上の何かがある。

いつかは、いつかは、克服したいのだが・・・。

最近気に入っている品物がある。
水分を抜くだけでこんなにうまくなるのかと、
食品そのものに、そしてそれを実践した人の行動力に感心した。

Shop_photo01_2

川口納豆

頬張ると、パサパサとした感触と粘り気が絶妙で、
好みの食感と味が広がる。

パスタやオムレツに使うおすすめレシピが付いているが、
私はそのまま頬張る。

税抜きで600円。

そのまま頬張るなら、お高い感があるかも知れないが、
パック詰めの普通の納豆とは全く違う食感やうまみを味わえるなら
それはそれでかまわない。

水気が少なく、きゅっと締まった食感と味が絶妙な
水戸天狗納豆船納豆が今までのお気に入りだったが、
川口納豆フリーズドライも気に入った。

他にも乾燥納豆はいろいろな種類があるが、
このパッケージが私のツボにはまった。

しばらくやみつきになりそうな予感。


日本に暮らす幸せを、
素直に感じる瞬間があってもよいですよね・・・。

|

2016.10.29

久々に空っぽで気持ちよい休日。

天気予報では、雨が降るがそんなに寒くはない一日になるはずだった
10月29日土曜日。
久しぶりに自由に休める日!
持ち帰りの仕事もない、本当の休日!おまけに、ボランティアもない!
あぁ、何か月ぶりの「自由」だろう!!

たいていこんな日は、疲れ果てて夕方まで眠ってしまうこともあるのだが、
今日は、目覚めたときの気候が自分にとっての「どストライク」だったからか、
弾むように飛び起きた。

出かけよう!
気分のいいときは、出かけるに限る。

一つのプロジェクトが昨日一段落し、あとは本番を迎えるばかりとなり、
久々に緊張感もほどくことができる!

やりたいことは山ほどあるが、実際できることはたかが知れている。
でも、そんなことはわかりきったことで、
嘆く暇があったら、やりたいことで、できることをやるのだ。

電車に揺られて書を読み、
新宿の小さな映画館で、本日封切りの映画を見た。
見終えると、日も暮れようとしており、
雨上がりのしっとりとした街の雑踏をぶらぶらと歩く。

ほんのりと肌寒く、風はなく、心地よい湿り気が漂う街では、
行き交う人々の話し声が、足音に混じって賛美歌のように響いて聞こえる。

耳を澄ますとトランスする。
一瞬空っぽになる。

心地よい。

意識が赴くままに歩き、地下鉄に乗って池袋で降りた。
とあるアンテナショップで海鞘の珍味を買い、
サンシャインシティをぶらぶらと歩き、また電車に揺られて書を読んだ。
今日、出かける前にどうしても聴きたくなった曲をヘッドフォンで聴きながら。

帰宅してネットを見ていて知って驚いたのだが、
今日、どうしても聴きたくなった曲は、
ちょうど1年前の昨日、日本でデビューした韓国の3人組の曲だった。

そういえば、昨年の10月28日、
彼らのデビューイベントを池袋まで見に来たのだった。

「虫の知らせ」ではないが、このようなことが私にはよくある。
適度に緊張をほどき、リラックスしているときの人間の感覚は、
かなり鋭いものなのではないか・・・と感じることは、多々ある。

今日見た映画は、「戦場のメロディ」(イム・シワン主演)

13655_img_1

今日聴いた曲は、「Funky Galaxy」のデビューアルバム。

10_0102_03

今日読んだ書は、「新・平家物語」(吉川英治著)

Photo

どれもこれも、
あらゆる出来事と絡み合って、今日の私に染み渡った。

他の人には意味不明でも、
私にはとても心地よい大好きな一日だった。

ハロウィンの仮装をして騒ぎたい人にとっても、
きっとかけがえのない大好きな一日に違いないのだ。

違う者同士も、
わかり合えないもの同士も、
その違いを受け止め合い、尊重し合い、
互いの生活や生き方をじゃまをせず、共存できる世の中でありたい。

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »